内科で原因不明の発熱、痛み、胃腸障害といった症状でストレスではないかということで当院に来院されるかたも多くおられます。
発達障害のかたでは感覚に個人差が大きく、ストレスを適切に感じることが困難であるため、身体症状にでるといったことがあります。
病歴から発達障害が疑われ場合に心理検査や問診から発達障害と診断し、生活の中でにストレスをどのようにコントロールしていくか
考え方や行動の仕方を変えていくかをカウンセリングや診療の中で説明しております。